確定申告とは?


ざっくり言うとすれば、「正しい税額を計算し、精算するために行う手続き」といったところでしょうか。これだとあまりにざっくり過ぎるので、もう少し詳しく書きたいと思います。

 

確定申告とは、

納税者である個人が1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得金額とそれに対する所得税の額(又は損失の額)を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、予定納税額や源泉徴収税額との過不足を精算する手続き をいいます。

 

このように1月1日から12月31日の期間を1つのまとまりと考えてその期間の所得に対して税額計算を行っていくこと、つまり年単位で課税されることを暦年単位課税といいます。

 

また、このように納税者自らが税額を計算し、申告・納付する制度を申告納税制度といいます。所得税や法人税、消費税、相続税、贈与税がこれにあたります。

 

この申告納税制度に対するものとして、賦課課税制度があります。こちらは、国・地方公共団体などが納税額を計算し、納税者へ通知する制度になっています。固定資産税や自動車税、不動産取得税がこれにあたります。

記帳から確定申告まで 石川税理士事務所